ホーム > グアム島 > アプガン砦

アプガン砦

ハガニアにある旧スペイン軍の拠点跡です。1800年頃にチャモロ人の大反乱に対抗するために創られた拠点で、スペイン軍のトップであったチロ総督が指揮をとっていました。その後、太平洋戦争に突入した際には旧日本軍がここを砲台として使いました。とても見晴らしの良い場所にあるため、海まで遠く見渡すことができます。

特徴

ハガニアのアクセスのいい所に位置している観光名所ですので、ぜひ足を運んで頂きたい場所です。官庁街からちょっとした丘を登ったところにあり、全部で3つの黒塗りの大砲が今も残されています。誰でも無料で自由に出入りすることができますので、観光客が記念撮影をしている様子もよく見かけます。

あと、忘れてはいけないのが眺望の良さです。実際に登ってみると長めがとても良くて、驚かれる方も少なくありません。眼下にはハガニアのダウンタウンが広がっていて、そしてその先にはハガニア湾が広がっています。大砲の写真だけではなく、綺麗な景色をバックにした記念撮影もしておきましょう。

写真・画像(写真提供グアム政府観光局)

重厚感を感じさせる大砲が並んでいます。
大砲の画像

海に向かって大砲が3基置かれています。
アプガン砦に並ぶ3つの大砲

晴れている日は特に眺めが良いのでおすすめです!
アプガン砦に並ぶ3つの大砲2

逆方面から撮った写真です。
大砲を逆方向から撮影した写真

このような感じで高台に位置しています。
高台にあるアプガン砦の画像

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●島内巡りバスツアーで訪れました。砦というだけあって小高いところにあり、丘から見下ろせばグアムの市街ときれいな海が一望でき、とてもすばらしい景観でした。訪れた日は雲一つない快晴で、少し風の強い日だったので、砦のうえに上ると帽子が風で飛ばされないか心配でした。

砦の上自体はそれほど広くなく、当時のものと思わしき大砲が2,3機設置されているのですが、こんなにも平和な景色に囲まれていると、本当にここが砦だったのか、本当にこんな大砲が使われていたのかと疑問に思ってしまうほどでした。

砦の周辺には特にお土産屋さんなどないので、バスツアーでもそれほど時間をとらなかったですね。ただ、眺めはいいので、機会があれば一度おとずれていただければと思います。天気の良い日にですね。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

アクセス

もともとはスペイン軍が作った拠点ですが、かつての日本軍もこの地を砲台をして使用していたため、私たち日本人ともゆかりのある観光名所と言うことができます。アクセスも良いですので、時間を見つけてぜひ足を運んでみて下さい♪

当サイト運営チームの一言
新たに「guam-saipan.com」というドメインを取得し、当サイトを本日より公開しました。これまで別ドメインで公開していた既存の複数のウェブサイトを1つに統一し、グアム・サイパン・テニアン・ロタの4つの島について、当サイトを通じて旅行観光情報をご覧頂けるようになりました。(2014年3月24日更新)