ホーム > グアム島

グアム島

グアムの観光名所は島の至る所に点在しているのですが、中心となるのはタモン地区とタムニング地区です。島の中央部に位置するこの2つエリアには、数々の高級リゾートホテルやショッピング施設やアミューズメント施設などが集中しています。バスやタクシーなども多いので、移動に困ることはあまりありません。

穴場的スポットに行ってみたい!」という方には島北部がおすすめです。アメリカ空軍の基地などがあり、見学できるエリアは少ないのですが、グアムで最も美しいと言われているリティディアンビーチや、かつて太平洋戦争の際に激戦地となった平和記念公園などがあります。

景観や歴史的建造物などを見てみたい!」という方には島の南部のエリアがおすすめです。高台からフィリピン海を見渡すことができるセッティ湾展望台や、スペイン統治時代に建てられた砦など、様々な見所があります。

なお、島そのものがそれほど大きくありませんので、レンタカーを借りれば1,2日でほとんど全ての主要な名所を回ることができます。タクシーやバスを使うという手もありますが、利便性を考えるとレンタカーがおすすめです。主要な名所をまとめている「世界遺産」や「人気観光名所ランキング」というページもご参照下さいませ。

島北部の観光スポット

グアムの自然をたっぷりと楽しめるエリアです。Googleマップなどで実際に島の北部の航空写真などをご覧頂ければ分かりやすいかと思いますが、実はこのエリアはアメリカ軍の基地(アンダーソン空軍基地)とゴルフコース(スターツ・グアム・ゴルフ・リゾートとココ・パーム・ゴルフ・コース)が大きな面積を占めています。

そのため、観光名所の数は多くないですが、島の最北端には「リティディアンビーチ」という美しいビーチがあります。グアムの中でも特に綺麗なビーチとして知られていますが、潮の流れが速いので遊泳はせずに砂浜で楽しみましょう。

アメリカ軍の施設も多く、軍施設の近くには太平洋戦争時に日米の戦場となった「ジーゴ平和慰霊記念公園」などがあります。また、ゴルフコースも複数存在します。

北部からちょっと南下するとデデド地区が広がります。最も美しいビーチと言われている「ココ・パーム・ガーデン・ビーチ」、グアム最大のショッピングセンター「マイクロネシア・モール」などがあります。

ジーゴ平和慰霊記念公園 太平洋戦争時の激戦地であり、当時は旧日本軍の最後の司令部がここにありました。数多くの命が失われてしまったこの地に、悲劇を忘れないようにと設立された公園です。

高さ15メートルにもなる高く白い慰霊塔が建っており、これは十字架と合掌をモチーフにされています。
リティディアンビーチ 青く透き通った海と白い砂浜がとても綺麗な、島の最北端に位置するビーチです。

海には遮るものが何もなく、遠くまで泳ぎたくなりそうですが、外洋に面しているため流れが速く、遊泳は危険です。砂浜や浅瀬で遊ぶようにしましょう。

また、夜間は空軍基地が近くにあることから、立ち入り禁止となりますので、こちらも注意しておきましょう。
ココ・パーム・ガーデン・ビーチ グアムで最も綺麗で美しいと称されているビーチです。真っ白な砂浜と透き通った海、そして生い茂るヤシの木が残るこのビーチは島の北西部に位置しています。

エアコンが完備されているラウンジや、無料で使えるシャワー・ロッカーなどもあり、施設が充実しています。

なお、プライベートビーチとなっているため、利用料の支払いが必要ですが、それに見合った南国の空気と自然を味わうことができます。

島中部(タモン周辺)の観光スポット

グアム観光の中心地です。タモンと呼ばれるエリアにはリゾートホテルやショッピングセンターやレストランなどの施設が建ち並んでいます。タモンビーチに沿って伸びているメインストリートは朝から夜まで観光客で賑わっています。

タモン地区の隣にはタムニング地区があり、こちらには地域密着型の店舗が集まっているほか、ウォーターパークやドッグレース場などといった施設もあります。

更にお隣のハガニア地区はグアムの首都です。行政府や議事堂などが集まっているグアムの行政地区で、スペイン統治時代に建てられた施設も数多く残っています。また、チャモロの文化や料理を楽しむことができるチャモロ・ビレッジも人気です。

さすがはグアム最大の観光エリアといったところでしょうか。とにかく様々な見どころが用意されています。歴史を感じさせる場所や、眺めのいい場所、マリンスポーツや散歩などに適したビーチなど、いろんな楽しみ方をすることができます。

恋人岬 グアム観光のシンボル的存在です。タモン湾に突き出ている岬で、海抜123メートルの断崖絶壁の上に建っている展望台からフィリピン海とタモンの町を一望することができます。

かつてスペインが統治していた時代に、総督から結婚を迫られたチャモロ人女性と、その恋人のチャモロ人男性と永遠の愛を誓い、ここから身を投げたという伝説が由来となっています。
チャモロビレッジ チャモロの文化に触れるのに最適の場所です。チャモロの雑貨を扱ったフリーマーケットや、チャモロ料理を味わうことができる屋台が建ち並びます。

スペイン風の建物の中にはお土産屋さんも多数入っているので、旅行のお土産探しにもピッタリです。ダンスショーも開催されています。
聖母マリア大聖堂 グアムで最も古いカトリックの教会です。島で最も厳格な教会として知られています。真っ白な外観でとても綺麗です。

グアムでカトリックの布教を行ったサン・ヴィトレス神父によって建造され、現在はグアムの主要なカトリックの行事のほとんどがここで行われています。
スペイン広場 スペイン統治時代に総督の邸宅があった場所です。その邸宅は太平洋戦争時に破壊されています。

現在は、グアムに住んでいる地元民の散策スポットとして知られており、緑豊かな園内を自由に歩き回ることができます。

敷地内にはグアム博物館やチョコレート・ハウスなどといった施設もあり、思い思いの時間を楽しめます。
ラッテ・ストーン公園 「ラッテ・ストーン」とはこけしのような形をした石柱です。高さは1.5メートルから2メートルほどあり、この石柱が2列になって8つ並んでいる公園です。

未だにいつ誰が作ったのか、そして何のために作ったのか、どのように使われていたのか、などが解明されていない不思議な石柱で、一説には宗教的な意味合いがあったとも言われています。
アプガン砦 1800年頃に建てられたスペイン軍の拠点の跡地です。今でも黒い大砲が3台残っています。

もともとは当時のチャモロ人の大反乱に対抗するために建てられ、その後、時を経て旧日本軍も利用したと言われています。

高台に位置しているため、ハガニア市街とハガニア湾を一望することができる絶景スポットとして人気を博しています。
太平洋戦争国立歴史公園 太平洋戦争の戦中にアメリカの海兵隊が上陸したと言われている場所にある公園です。広々とした公園には緑が広がり、のんびりとした時間を過ごすことができます。

園内には実際に使われた魚雷のレプリカが祈念碑として残されています。またここは夕日を眺める名所としてもよく知られており、島内屈指のサンセットを楽しめます。
フィッシュ・アイ・マリン・パーク 沖に向かって伸びている約300メートルの桟橋を歩いた先にある海中展望台です。普通の展望台は上に登りますが、こちらでは海中に向かって下っていきます。

展望フロアの窓から数百種類もの魚や珊瑚礁などを見ることができます。カラフルで綺麗な熱帯魚もとても多く、大人から子どもまで満喫できる施設となっています。
グアム大学 1952年に建てられたミクロネシアで唯一の総合大学です。約3,000人の学生がここで学んでいます。地理的な理由もあり、海洋生物学部は世界的にも有名で、よく知られています。

敷地内に入るのは自由なので、カフェテリアなどで学生に混じって食事をとったりすることもできます。
イパオビーチ タモン湾の南端に位置するこのビーチは観光客のみならず、地元民からも高い人気を得ています。

浜辺の広さはグアムで最大となっており、野外音楽堂を始めとした様々な施設があるイパオ・ビーチ・パークに隣接しています。
タンギッソンビーチ 前述の恋人岬のすぐそばにあるビーチです。タンギッソン・ビーチ・パーク内にあります。数多くの熱帯魚がいることからシュノーケリングの名所としても知られています。

ただし、他のビーチと比べると治安は若干良くないと言えるので、注意して下さい。
ガンビーチ タモン湾の北側にあり、ニッコーホテルのすぐそばにあるビーチです。訪れる人が少ないと言うこともあり、海には多くの熱帯魚を始めとした魚を見ることができます。

そのためシュノーケリングスポットとしても知られていますが、こちらも人が少ないと言うことで治安に関しては十分な注意が必要となります。
タモンビーチ グアムでビーチと言ったらこのビーチを指すと言うほど、有名なビーチです。

ホテルが建ち並んでいるサン・ヴィトレス・ロードに並行するように位置しているため、いつも観光客でよく賑わっています。

遠浅の海なので、海の事故の危険も少なく、遊ぶのに適しています。サンセットの眺めにも定評があり、観光客から大人気となっています。
ファイファイビーチ タモンから車で10分ほどの所にあるプライベートビーチです。綺麗なビーチを楽しめるのはもちろんのこと、ここではジャングルや洞窟もあり、探検気分を味わうこともできます。

ホテル街から近い上、アイランド・ダンスショーも見ることができ、人気を集めています。
フォンテダム ほぼグアム中心部に位置する、グアム唯一のダム。1910年にアメリカ軍により作られた人工ダムで、レンガでできています。

台風や大きな地震にも耐え、100年以上もその美しい姿を保っています。タモン地区からは車で10分ちょっと。

トレッキングコースというよりはお散歩コースという感じに近いかと思いますが、天気が悪い日には足元がぬかるんで歩きにくいところがあるので注意が必要です。

お散歩コースとは言ってもそこはやはりグアム。少し海岸線から内側へ入っただけで鬱蒼としたジャングルの趣きを感じられます。

天気が良ければ滝壺で水遊びも出来ますし、まったくキツイコースではありませんので、子供連れでも全然楽しめると思います。

ただ、フォンテダムのサイン等見づらいですし、草が生い茂っていて迷うこともありますので、ガイドさんやツアーで行くのがいいと思います。

島南部の観光スポット

宿泊施設や商業施設はほとんどないものの、島の南部には自然を楽しむことができるエリアが多数あるのが特徴です。タロフォフォの滝や横井ケーブがある「タロフォフォ地区」、イナラハン天然プールでお馴染みの「イナラハン地区」、草原やジャングル・スペイン統治時代の施設などがある「ウマタック地区」などがあります。

スペイン橋とウマタック橋の2つの橋、セッティ湾展望台とパゴ展望台の2つの展望台も人気です。それぞれ島や海を遠くまで見渡すことができるグアム屈指の絶景ポイントとなっています。なお、このエリアは各名所が近くに集まっているため、1日もあればレンタカーで思う存分楽しむことができます。

ナモ滝自然公園 ジャングルの中にある滝です。ジャングルとは言っても、道がちゃんと整備されているので、気軽に立ち寄ることもできます。

周囲には自然公園が広がっており、グアムの自然を十分に満喫することができるスポットです。
ガアン・ポイント 旧日本軍の砲台が2台今も残っている戦跡公園です。平和を祈願して日本・グアム・アメリカの旗も並んで立てられています。

のんびりとした雰囲気の中にあるので、ゆったりと落ち着いた時間を過ごすこともできます。
スペイン橋
(タリファク橋)
ニミッツ・ビーチから300メートルほど南に位置したところに架けられている橋です。18世紀後半にハガニアとウマタックを結ぶ道路上に建てられました。

思いの外こぢんまりとした橋ですので、見逃さないように注意が必要です。
セラ湾展望台 グアムで最も高い山であるラムラム山の中腹にある展望台です。セラ湾を眺めることができ、のんびりと落ち着いた時間を過ごせます。
セッティ湾展望台 前述のセラ湾展望台から1キロほど南に離れたところに位置する展望台です。

フィリピン湾の水平線を見渡せるほか、セッティ湾やココス島も眺めることができ、グアムでも屈指の展望台として人気があります。
マゼラン記念碑 ポルトガルの探検家マゼランが、西欧人として初めて上陸したことを記念して建てられた記念碑です。

1521年3月6日に上陸し、1926年に高さ4mほどの白い石碑が記念碑として建てられました。
ウマタック橋 ウマタックを南北に走っている道路の上に架けられたアーチ状の橋です。

スペイン統治時代にはこのウマタックに首都が置かれていたこともあり、当時のヨーロッパ調のデザインで建築されています。

特別なにかできる施設ではありませんが、レンタカーなどでドライブ中にちょっと車を停めて写真を撮るスポットとして知られています。
ソレダッド砦 こちらもスペイン統治時代に建てられた砦の跡です。かつて交易船を海賊から守るために砦が築かれました。当時使われていた大砲が3台今も設置されています。

ここからウマタックの集落とウマタック湾を一望することができるため、人気の観光名所となっています。
ベア・ロック 熊が立ち上がっているような形をしているため、この名前が付けられた大きな岩です。島の南東部に位置し、後述のイナラハン天然プールのすぐ近くにあります。
イナラハン天然プール その名の通り、人の手が加えられていない天然のプールです。溶岩で海水がせき止められ、天然プールとなりました。波はほとんどなく、気軽に泳いで楽しめます。

周辺がピクニックエリアとなっており、レストハウスやバーベキューなどといったアウトドア施設も充実しています。
タロフォフォの滝 グアム最大級の滝で、有数の観光名所として知られています。島の南西部を流れているタロフォフォ川の支流で、ジャングルの奥地にあります。

滝には駐車場からロープウェイで行くことができるので、体力は必要ありません。
パゴ湾展望台 パゴ湾は島の東海岸最大の湾です。そこの近くにある展望台から湾全体を眺めることができます。
ココス・アイランド・リゾート ココス島という島全体がリゾートになっているリゾート施設です。マリンアクティビティもランドアクティビティも思う存分に楽しめます。
イパンビーチ 東海岸にあるビーチです。ヤシの木を始めとした緑、綺麗で透き通った海の青、珊瑚砂が織りなす砂浜の白、と様々な色を感じることができます。

穏やかで遠浅な海となっているため、シュノーケリングスポットとしても人気です。
ニミッツビーチ グアムで2番目に広いビーチです。アガット・マリーナの隣に広がっています。遠浅なのでシュノーケリングを楽しむ方が多いです。

白くて綺麗な砂浜ではではないので、観光客よりも地元民の利用が多く、週末などに行くと家族でバーベキューを楽しんでいたりします。
トンガンリゾート タモンから車で1時間ほど南下したところにあるプライベートビーチです。落ち着いた雰囲気でのんびりと時間を過ごすことができます。

シュノーケリングやバーベキューも用意されており、自分に合った楽しみ方ができます。
タロフォフォ湾 茶色い砂の砂浜がある湾です。海底には1944年に沈没した日本船・新玉丸が沈んでおり、史跡に指定されています。
横井ケイブ 日本の軍人であった横田庄一さんが太平洋戦争の終戦を知らずに、約28年もの間、住居としていた地下壕です。

現在見ることのできる横井ケイブは観光客向けに作られたレプリカとなっています。本物は私有地となっているため、一般人が立ち入ることはできません